PC-KEIBA Database オンラインマニュアル

最新版「PC-KEIBA Database」は、従来のデータベース機能に、ユーザー予想と自動投票の機能を追加した競馬ソフトです。「SQL」というコンピューター言語を使って「TARGET」では不可能なデータ分析や、自分だけの回収率100%超のパターンを追求できます。JRAと地方競馬に対応しています。

このたび公開した「Ver.5.0.0.x」はソフト名を継承していますが、「Ver.4.2.0」以前の旧バージョンとは別物のプログラムです。したがって旧バージョンのユーザーも「Ver.5.0.0.x」を新規にインストールする必要があります。

PostgreSQLについても「Version 11.x」以降が必要です。テーブル定義も文字列型のみで一新しているので、旧バージョンでユーザーが作ったSQLも修正が必要となります。これらの対応が面倒な場合は、旧バージョンを使い続けてもらうしかありません。ただし今後、旧バージョンはサポートも提供も一切行いません。

これから「PC-KEIBA Database」を使うならファイルの拡張子を表示することをオススメします。設定方法は、次のGoogleの検索結果からお使いのパソコン(OS)に合った方法を参考にしてください。→ファイルの拡張子を表示する方法

ソフトを使う準備

次の8つの手順で作業してください。

  1. 動作環境のチェック
  2. JV-LinkとUmaConnのインストール
  3. PostgreSQL のインストール
  4. PC-KEIBA Database のインストール
  5. 登録対象データの設定
  6. セットアップデータを登録する
  7. 勝負服を一括取得する
  8. KSC投票プラグインのインストール

データを見る

メインのメニューに属する、主な画面の操作方法です。基本的な操作方法は他の画面でも同じです。

外部指数を使う

競馬ソフトの標準、外部指数でレース予想。

ユーザー予想を作る

SQLでデータ分析、PC-KEIBA Databaseの真骨頂。

自動投票機能を使う(※開発中)

外部指数で自動投票。

  1. KSC投票プラグインの設定
  2. 自動投票設定を登録する
  3. 自動投票設定をシミュレーションする
  4. 自動投票を実行する(テスト)
  5. 自動投票を実行する(本番)

その他

タイトルとURLをコピーしました