ゲート入りの順番データ分析

データ分析

概要

出走馬がゲートに入る順番は、原則として次のように定められています。
①先入れ馬、②奇数番、③偶数番、④大外枠
奇数番と偶数番の中では特定の順番はありません。

この出走馬がゲートに入る順番がレース結果に与える影響を分析しました。先入れ馬は予測が困難なため分析から除外し、競走条件ごとに分類して、奇数番、偶数番、大外枠でデータ分析しました。

また、奇数番、偶数番、大外枠の3パターンだけでは、同じ条件に該当する馬が複数いるため、データ分析の意味がありません。そのため、コンピ指数が提供されている2007年から現在(2024年5月)までのJRA全レースを対象に、コンピ指数の1位馬に限定して調査を行いました。

コンピ指数を使う理由は、単勝人気順では馬券購入後とレース確定後で結果が異なる場合があるためです。また、コンピ指数の人気順が単勝人気順とほぼ一致することは「コンピ指数順位別データ分析」の記事で証明されています。

ちなみに、同じ期間に集計したコンピ指数1位馬の全体データは次の通りです。

順位 出現数 単勝オッズ 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 59873 2.5 31% 49% 62% 79% 83%

ゲート入りの順番データ分析

競走条件コード
xxxxxxxxxx
順番
xxxxxxxx
出現数
xxxxxxxx
勝率
xxxxxxxx
連対率
xxxxxxxx
複勝率
xxxxxxxx
単勝
回収率
xxxxxxxx
複勝
回収率
xxxxxxxx
新馬 1:奇数番 2348 34% 52% 63% 85% 83%
新馬 2:偶数番 2107 32% 52% 66% 79% 87%
新馬 3:大外枠 410 35% 57% 69% 82% 88%
未勝利 1:奇数番 10521 32% 53% 66% 77% 84%
未勝利 2:偶数番 9418 33% 53% 66% 80% 86%
未勝利 3:大外枠 1463 34% 54% 67% 80% 85%
1勝クラス 1:奇数番 8727 29% 46% 59% 78% 82%
1勝クラス 2:偶数番 7797 30% 48% 61% 80% 84%
1勝クラス 3:大外枠 1327 31% 49% 61% 84% 83%
2勝クラス 1:奇数番 3849 29% 47% 59% 77% 82%
2勝クラス 2:偶数番 3292 30% 47% 60% 80% 83%
2勝クラス 3:大外枠 558 32% 47% 60% 81% 80%
3勝クラス 1:奇数番 1476 28% 44% 56% 80% 80%
3勝クラス 2:偶数番 1446 26% 44% 56% 76% 80%
3勝クラス 3:大外枠 220 25% 40% 50% 67% 71%
オープン 1:奇数番 2352 27% 45% 58% 73% 80%
オープン 2:偶数番 2147 28% 46% 58% 78% 82%
オープン 3:大外枠 415 27% 45% 56% 76% 82%
※ヘッダの’x’はレイアウト調整が目的の文字です

結論

全体的な傾向として、ほとんどのクラスで大外枠の成績が比較的高く、若干有利な傾向が見られます。奇数番と偶数番の間では、明確な差は見られませんが、クラスによって違いが出ています。

大外枠が有利な理由として、ゲートで待たされる時間が少ないことや、被せられる不利を受ける確率が低いことが考えられます。競馬予想においても、この傾向を考慮に入れることは有効である可能性があります。

この記事のデータ作成に使用したSQLを有料会員に公開しています。ユーザーがカスタマイズして利用することも可能ですし、SQLを学習したい方の参考にもなります。

SQLファイルのダウンロードと使い方

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について