pgAdminの使い方

プログラミング

この記事は「pgAdmin」のバージョン6.18を使って書きました。

pgAdminとは

「pgAdmin」はPostgreSQLが作ってる無料のデータベース管理ツールです。プロシージャと関数を作ったり編集するときは「A5:SQL Mk-2」よりもpgAdminのほうが作業が捗ります。どこでエラーが発生したか行番号を教えてくれるので。「A5:SQL Mk-2」と上手く使い分けてください。

ちなみに当サイトのサンプルプログラムはすべてpgAdminが提示する書式のソースコード(「SQL」のタブで見れるやつ)を使ってます。いわば本家本元の書き方です。

ダウンロードとインストール

次のサイトからダウンロードします。

■pgAdmin
https://www.pgadmin.org/download/pgadmin-4-windows/

一覧の一番上にある最新版を選べばOKです。

インストールはボタンを押すだけの簡単なものなので説明は省略します。

pgAdminの起動

pgAdmin4.exe」を起動します。デフォルトのインストール先は「C:\Program Files\pgAdmin 4\v6\runtime」です。デスクトップにショートカットを作っておくと便利です。起動したら最初の画面でパスワードを入力します。

※当サイトのマニュアルに従ってPostgreSQLをインストールした場合のパスワードは「postgres

pgAdminの日本語化

次にpgAdminの日本語化です。

  1. ツールバーの「File」をクリックします。
  2. メニューの「Preferences」をクリックします。
  3. 「Preferences」画面左のツリーから「ユーザ言語」を選択します
  4. ユーザ言語から「Japanese」を選択します。
  5. 画面右下の「Save」ボタンをクリックします。

ユーザ言語を「Japanese」から「English」に戻して操作した画像なので実際とは同じじゃないかもです。

オブジェクトの一覧を見る

画面左側のツリーを展開して「pckeiba」を展開します。

その中にある「スキーマ」を展開します。ここにある次の3つ以外は使うことはないと思います。

  1. テーブル
  2. プロシージャ
  3. 関数

SQLを実行する

pgAdminでSQLを実行する方法です。

  1. ツールバーの「ツール」をクリックします。
  2. メニューの「クエリツール」をクリックします。
  3. 画面の右側に新しく出てきたタブのシートにSQLを書く。または貼り付ける。
  4. 画面の上にある「▶」ボタン(実行/更新)をクリックして実行する。

接続先は画面左側で操作中のデータベースになってます。

「pckeiba」と「pckyotei」の両方を使ってるユーザーは接続先に注意!

アプリケーションの終了

画面右上の閉じるボタン「✕」をクリックします。確認のダイアログが出てくるので「このページを離れる」をクリックします。

将来パソコンを引っ越しするときのことを考えて、自分が作ったSQLはデータベースにだけじゃなくてテキストファイルにも保存しときましょう。

タイトルとURLをコピーしました