速報系データ自動更新を開始する

「速報系データ自動更新」は有料会員限定の機能です。有料会員については「会員について」のマニュアルで解説しているので参考にして下さい。

自動更新の開始

速報系データ自動更新を開始する方法は「通常データ登録」画面からだけです。画面下のチェックボックスをクリックして通常データ登録を開始します。

  • 速報系データの保存先は本体(PC-KEIBA Database)で設定したデータベースと同じです。
  • 速報系データ自動更新の登録対象データ(オッズなど)は本体で設定した内容と同じです。
  • 速報系データ自動更新による取得対象のレースは当日と翌日のレースです。
  • 速報系データ自動更新を開始すると「通常データ自動更新」も同時に実行します。これは仕様です。

速報系データ自動更新タイミング(n秒毎に実行)の設定

速報系データ自動更新タイミングは「アプリケーション設定」画面で設定します。

  1. ツールバーの「ヘルプ」をクリックします。
  2. メニューの「アプリケーション設定」をクリックします。

速報系データ自動更新タイミングを30~300秒の範囲で設定できます。速報系データ自動更新はここで設定した時間ごとに開始を試みますが、前回の処理がまだ実行中の場合は次の時間を待ちます。

なので、速報系データ自動更新の処理が仮に39秒で終わるなら、40秒に設定すればスキマなく効率的に更新できるというわけです。必須の設定ではありませんが、完全なリアルタイムを求める方はパソコンのスペックに合わせて調整してください。

自動更新の終了

速報系データ自動更新を終了する場合は右上の閉じるボタン「✕」を押してください。更新中の場合は閉じるボタンが消えるので処理が終了するまで待ってください。

速報系データ自動更新は本体とは別のアプリケーションなので、本体を終了しても自動更新を続けます。

タイトルとURLをコピーしました