通常データ自動更新を開始する

「通常データ自動更新」は有料会員限定の機能です。有料会員については「会員について」のマニュアルで解説しているので参考にして下さい。

自動更新の開始

通常データ自動更新を開始する方法は「通常データ登録」画面からだけです。画面下のチェックボックスをクリックして通常データ登録を開始します。

  • 通常データの保存先は本体(PC-KEIBA Database)で設定したデータベースと同じです。
  • 通常データ自動更新の登録対象データ(レース詳細など)は本体で設定した内容と同じです。

通常データ自動更新時刻

通常データ自動更新は毎日1回、実行します。自動更新の時刻は「アプリケーション設定」画面で設定します。

  1. ツールバーの「ヘルプ」をクリックします。
  2. メニューの「アプリケーション設定」をクリックします。

「アプリケーション設定」画面に、24時間表記で入力してください。

不可避のJV-Link仕様(JVOpenエラー時のメッセージボックス)について現在、JRA-VANの対応待ちです。そのため「サーバーがメンテナンス中です。」となった場合は、自動更新が強制停止します。無停止を保証するわけではありませんが、JRA-VANの対応完了までは初期値の「21:00」による自動更新がオススメです。いずれにしても、Windowsアップデートで再起動する時がいつかやって来ますけど。

自動更新の終了

通常データ自動更新を終了する場合は右上の閉じるボタン「✕」を押してください。更新中の場合は閉じるボタンが消えるので処理が終了するまで待ってください。

通常データ自動更新は本体とは別のアプリケーションなので、本体を終了しても自動更新を続けます。

タイトルとURLをコピーしました