単勝の支持率と勝率はほぼ同じ

データ分析

この記事は「勝率」がテーマのデータ分析です。競馬ソフト作者「高橋正視」さんのインタビュー記事、

競馬ソフト作者インタビュー
第3回 複勝・3連複連動理論

にある「単勝の支持率と、馬の勝率はほとんど同じなんです」という話を確かめるために、1986年から現在分(2021年8月)までのJRA全レースを使って調べました。

1つのSQLでも集計可能な仕事ですが、1986年からというのはデータ量があまりにも凄すぎて、SQLの実行にメチャクチャ時間がかかるので、っていうかたぶん終わらないので無理(笑)

なので、直前に公開した同じタイトルのプログラミング記事「単勝の支持率と勝率はほぼ同じ」のプロシージャで作成したデータを使います。

結果はこちら。

単勝オッズ支持率勝率レコード数
1.267%67%1271
1.553%52%4208
240%37%5385
2.532%32%6466
327%27%6913
420%21%6924
516%16%6348
613%14%5787
711%11%5472
810%10%4886
99%8%4290
108%8%3851
155%5%2767
204%4%2126
303%2%1078
502%1%725
1501%1%149
2000%0%101

ここではページの都合でザックリとキリの良い数字のオッズしか載せてませんが、SQLで全てのオッズを10円単位で表示すると面白いほど支持率と勝率がキレイに並びます。次は表計算ソフトで折れ線グラフにしてみました。横軸が1.0~10.0までの「オッズ」、縦軸が「支持率・勝率」の率です。

これは素晴らしすぎる!「高橋の法則」と名付けたいです!(笑)これを期待値の計算などに上手く使えば、予想にかなり役立つデータになります。

最後に。この記事のデータ作成に使用したSQLを有料会員に公開しています。ユーザーがカスタマイズして利用することも可能ですし、SQLを学習したい方の参考にもなります。

SQLファイルのダウンロードと使い方

続きを読むには有料会員のアカウントによるログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか ? 会員について

コメント

タイトルとURLをコピーしました