セットアップデータを登録する

セットアップデータとは、過去分データを高速で登録処理するためのファイルです。画面は「JV-Link」と「UmaConn」に分かれています。ここでは「JV-Link」を例に説明します。「UmaConn」も同じように作業してください。

セットアップデータ登録を開始する前に

セットアップデータ登録は時間のかかる処理なのでアプリが停止しないように、Windowsのスクリーンセーバーを解除しておいてください。設定方法は、次のGoogleの検索結果からお使いのパソコン(OS)に合った方法を参考にしてください。→スクリーンセーバーの設定を解除する方法

「セットアップデータ登録」画面の表示

  1. ツールバーの「データ」をクリックします。
  2. メニューの「セットアップデータ登録」をクリックします。
  3. メニューの「JV-Link」をクリックします。

セットアップデータの登録

次の手順でセットアップデータ登録を実行してください。

  1. 画面左のラジオボタンで「フルセットアップ」または「簡易セットアップ」を選択します。
  2. 設定が完了したら「開始」ボタンをクリックします。

【参考】2020年9月時点の「フルセットアップ」所要時間
光回線とメモリ容量 4GBの最弱マシンで、
JV-Link → 約2時間40分
UmaConn → 約9時間20分

「サーバーによってプロトコル違反が発生しました」のエラーが発生した場合は、セットアップデータ登録を同じ手順でもう一度やり直してください。続きから再開します。

タイトルとURLをコピーしました