前走着順別データ分析

データ分析

この記事は新聞の馬柱でも注目度が高い「前走着順」がテーマのデータ分析です。その着回数と回収率がどうなるのか、次の条件で集計してみました。

  • JRA 2014年~2019年
  • 重賞競走(平地)とリステッド競走
  • 2歳戦を除く

この条件にした理由は、重賞レースしか馬券は買わないって人のためになるデータにすることと、出走馬のレベルがある程度同じレースだけで集計したいからです。前走1着だったけど今回は昇級戦っていうのをなるべく混ぜずに、テーマである「前走着順」データの精度を高めたいからです。対象となったレースは740件。結果はこちら。

前走着順 1着回数 2着回数 3着回数 出現数 単勝回収率 馬連回収率 3連複回収率
01 243 223 203 2464 59 60 71
02 107 116 96 1073 81 67 47
03 72 67 85 880 69 46 67
04 62 56 67 811 78 61 84
05 58 60 54 766 76 68 112
06 36 31 41 661 68 41 50
07 24 36 29 641 47 46 49
08 30 29 24 577 74 44 38
09 26 29 15 546 122 68 42
10 16 20 22 490 35 53 42
11 15 22 25 435 84 63 66
12 12 15 15 402 21 28 31
13 10 7 16 337 48 47 127
14 5 3 15 315 18 15 21
15 8 5 9 265 78 51 66
16 5 9 8 181 66 46 43
17 3 4 3 99 87 84 43
18 1 2 1 56 94 22 27

このデータを見ると、前走の1着馬も2着馬も出現数に対してほぼ同じ確率で2着以内なので、単勝と馬連でどちらの馬を買うか迷ったら、前走の1着馬よりも回収率が高い2着馬を選んだほうが得、ということです。3連複の場合は前走4着馬か5着馬から買うのが美味しいみたいです。馬券を買う際の参考にしてください。

「馬連回収率」とは馬連を総流しで買い続けた場合の数字です。つまり、その馬が2着以内に入れば馬券は的中っていう計算です。「3連複回収率」も馬連と同じ、総流しで買い続けてその馬が3着以内なら的中です。経験的に連勝式の回収率は、還元率を超えていれば「買い」のパターンです。JRA馬連なら77.5%以上といったように。なぜなら総流しで馬券を毎回買うことなんて現実的にありませんから。見込みのある実力馬だけに相手を絞って買いますよね?

勝率や単勝回収率は、同じ条件に該当する馬が複数出走するレースでは、あまり意味を持ちません。なぜなら、同じ条件の馬同士で星の潰しあいをするからです。例えば、「オークスは牝馬の勝率が100%」と言ってるようなもんです。なので、勝率や単勝回収率はあくまで目安としてください。

この記事のデータ作成に使用したSQLを有料会員に公開しています。ユーザーがカスタマイズして利用することも可能ですし、SQLを学習したい方の参考にもなります。

SQLファイルのダウンロードと使い方

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメント