【穴党必見】波乱レースの条件をデータ分析!3連単の平均払戻金ランキング!

データ分析

波乱レースの条件をデータ分析

高額な払戻金を狙う際には、やみくもに狙うのではなく、どのような条件で発生しやすいかを調べて狙う方が効率的です。そこで、今回の取り組みではJRAのデータを対象に、3連単の平均配当を調和平均で比較し、波乱レースの条件をデータ分析しました。

集計期間は2007年から2023年の17年間で、出走頭数も調和平均で集計しています。また、データ件数が100件以上のものを対象にランキングを作成しました。

「調和平均」については「全国の競馬場の平均配当を比較」の記事で解説しているので参考にして下さい。

出走頭数によるデータ分析

トラック 出走頭数 3連単 件数 件数比
18 22,107 4481 8%
16 20,199 6639 11%
17 19,998 1107 2%
15 18,060 2163 4%
ダート 16 15,943 11978 20%
ダート 15 15,277 4841 8%
14 14,962 2301 4%
障害 14 14,191 918 2%
障害 13 12,619 252 0%
13 12,594 2041 3%
ダート 14 12,585 2492 4%
ダート 13 12,131 2268 4%
12 10,784 2062 4%
障害 12 9,791 250 0%
ダート 12 9,552 1987 3%
11 9,063 1930 3%
障害 11 8,281 192 0%
障害 10 8,186 145 0%
ダート 11 7,891 1192 2%
10 6,776 1675 3%
ダート 10 6,382 821 1%
障害 9 5,630 107 0%
ダート 9 5,528 499 1%
9 4,890 1307 2%
8 3,791 859 1%
ダート 8 3,711 250 0%
7 2,403 366 1%
6 1,923 124 0%

まず、出走頭数によるデータ分析を行います。

最も高額を記録したのは芝の18頭立てで、平均払戻金が22,107円となっています。芝の16頭立てや17頭立てのレースでも、それぞれ20,199円や19,998円と高額です。一方、ダートでも、出走頭数が増えるにつれて払戻金が上昇する傾向は同じです。ダートの16頭立てレースでは15,943円、15頭立てでは15,277円となっています。

そして、出走頭数が減ると、払戻金も顕著に減少します。芝の12頭立てでは10,784円、ダートの12頭立てでは9,552円、障害の12頭立てでは9,791円と、平均払戻金は一気に低くなります。

平均払戻金が出走頭数に比例する理由は、出走頭数が増えると各組番の的中確率が分散し、特定の組番が的中する確率が下がるためです。また、賭け金が多くの組番に分散することで、的中した場合の払戻金が高くなります。

競馬場によるデータ分析

競馬場 トラック 3連単 出走頭数 件数 件数比
福島 17,616 14 2009 3%
福島 ダート 15,448 14 1514 3%
新潟 15,394 14 2819 5%
小倉 ダート 14,696 14 1701 3%
東京 ダート 13,596 14 4098 7%
中京 ダート 13,396 14 2494 4%
新潟 ダート 12,951 13 2245 4%
小倉 12,918 13 2705 5%
東京 障害 12,708 13 230 0%
中京 12,651 13 2232 4%
福島 障害 12,584 12 228 0%
新潟 障害 12,503 12 317 1%
中山 12,315 13 3325 6%
中山 ダート 11,951 14 4138 7%
中京 障害 11,936 12 192 0%
京都 ダート 11,759 13 3656 6%
札幌 ダート 11,537 12 1191 2%
阪神 ダート 10,895 13 4287 7%
函館 10,848 11 1379 2%
函館 ダート 10,226 11 1087 2%
札幌 9,768 12 1477 3%
京都 9,616 12 3366 6%
京都 障害 9,388 12 246 0%
阪神 9,381 12 3730 6%
東京 9,350 13 4058 7%
中山 障害 8,688 12 278 0%
小倉 障害 7,369 10 199 0%
阪神 障害 6,579 10 304 1%

まず、最も高額な平均払戻金を記録したのは福島の芝で、非常に高い17,616円となっています。福島はダートでも15,448円を記録し、他の競馬場に比べて高額な払戻金が期待できる競馬場です。

次に注目すべきは、新潟の芝です。こちらも15,394円と高額な平均払戻金を誇り、ダートも12,951円で、上位にランクインしています。新潟のレースも波乱が多いことが伺えます。

一方で、小倉はダートが14,696円、芝が12,918円と高額な平均払戻金を記録しており、小倉全体が波乱含みのレースが多いと言えます。

中京はダートが13,396円、芝が12,651円で、新潟や小倉に次ぐ高額な平均払戻金を記録しています。中京も高額な払戻金を期待できる競馬場の一つです。

総じて、高額な払戻金が出やすい競馬場としては、福島、新潟、小倉、中京が挙げられます。特に福島は芝とダートで最も高額な払戻金を記録しており、波乱の多いレースが展開されていることがわかります。

ただし、競馬場によるデータ分析については、出走頭数の偏りが影響している可能性もあります。

距離によるデータ分析

距離は10の位で四捨五入して集計しました。(例:1150→1200、2910→2900)

トラック 距離 3連単 出走頭数 件数 件数比
1000 20,556 15 449 1%
障害 3300 16,414 12 114 0%
1200 14,966 14 5415 9%
2600 14,812 12 572 1%
ダート 1300 14,712 15 454 1%
ダート 2400 14,496 12 284 0%
1400 14,456 14 2883 5%
ダート 1400 14,042 15 4244 7%
ダート 2100 13,676 14 538 1%
ダート 1700 13,524 13 3846 7%
ダート 1200 13,453 15 5917 10%
2500 13,029 12 240 0%
ダート 1600 12,793 14 1679 3%
障害 2800 12,142 12 199 0%
障害 3100 12,131 11 145 0%
障害 3200 11,431 12 124 0%
1600 11,300 13 4680 8%
1500 11,256 11 298 1%
ダート 1000 10,934 12 1317 2%
ダート 1900 10,728 12 505 1%
ダート 1800 10,590 13 7298 12%
ダート 2000 10,290 12 270 0%
2000 9,854 12 5147 9%
2200 9,746 12 1036 2%
1800 9,322 12 5169 9%
障害 2900 9,314 11 757 1%
障害 3000 8,482 12 484 1%
2400 7,822 11 1026 2%

最も高額な平均払戻金が発生しているのは芝1000mで、20,556円です。芝の他の短距離戦に関しても(1200m:14,966円、1400m:14,456円)と比較的高額な払戻金が続いています。

ダートにおいても、特に短距離(1200m:13,453円、1300m:14,712円、1400m:14,042円)のレースで高額な払戻金が見られます。

この結果は、短距離戦が非常に波乱の要素を含んでおり、多くの高額配当を生み出していることを示唆しています。では、なぜ短距離戦は荒れやすいのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

まず、短距離戦ではスタートが非常に重要で、スタートの遅れやミスがそのままレース結果に直結します。また、短距離戦では馬群が密集しやすく、騎手の瞬時の判断も勝敗を大きく左右するため、一瞬の出来事がレース全体に影響を与えやすいと考えられます。

ただし、距離によるデータ分析については、出走頭数の偏りが影響している可能性もあります。

競走種別によるデータ分析

トラック
xxxxxxxxxx
競走種別
xxxxxxxxxxxxxxxxxx
3連単 出走頭数
xxxxxxxxxx
件数 件数比
ダート サラ系4歳以上 15,571 14 5683 10%
サラ系4歳以上 15,349 13 5117 9%
ダート サラ系3歳以上 14,487 13 7962 14%
サラ系3歳以上 13,624 13 8342 14%
サラ系3歳 12,307 14 7140 12%
ダート サラ系3歳 10,878 14 9458 16%
障害 サラ障害4歳以上 10,649 12 810 1%
ダート サラ系2歳 9,429 13 3308 6%
障害 サラ障害3歳以上 8,902 11 1184 2%
サラ系2歳 7,327 12 6501 11%
※ヘッダの’x’はレイアウト調整が目的の文字です

まず、最も高い平均払戻金を誇るのは「ダート・サラ系4歳以上」であり、その金額は15,571円です。これに続くのは「芝・サラ系4歳以上」の15,349円です。

次に、3歳以上のカテゴリにおいてもダートの方が芝よりも高い払戻金を示しています。「ダート・サラ系3歳以上」は14,487円、「芝・サラ系3歳以上」は13,624円です。

全体的に見ると、3歳以上のレースでは払戻金が高くなりやすく、逆に2歳馬のレースや障害では払戻金が低めに抑えられる傾向があることがわかります。競走種別のデータを分析すると、成熟した競走馬が出走するレースが高額な払戻金を生み出す傾向が強いことが明らかになりました。

出走頭数の偏りは、ほとんど見られません。

重量種別によるデータ分析

トラック 重量種別 3連単 出走頭数 件数 件数比
ダート ハンデ 21,814 14 1085 2%
ハンデ 19,738 13 2369 4%
ダート 別定 16,397 14 623 1%
ダート 定量 14,394 13 12051 21%
定量 13,330 13 10231 17%
障害 別定 11,816 11 615 1%
ダート 馬齢 10,457 14 12652 22%
別定 10,454 12 1588 3%
馬齢 9,400 13 12912 22%
障害 定量 8,755 12 1371 2%

まず、平均払戻金が最も高いのはダートのハンデ戦で、21,814円という結果になっています。次に、芝のハンデ戦が19,738円で続きます。総じて、ハンデ戦が他の重量種別に比べて波乱が多く、平均払戻金が高くなる傾向が見受けられます。

重量種別のデータを分析すると、ダートの別定戦は16,397円、ダートの定量戦は14,394円となっており、ダートは全体的に払戻金が高めです。

出走頭数の偏りは、ほとんど見られません。

競走条件によるデータ分析

トラック 競走条件 3連単 出走頭数 件数 件数比
ダート オープン 18,042 14 976 2%
ダート 2勝クラス 17,578 14 3465 6%
ダート 3勝クラス 16,920 14 1326 2%
3勝クラス 15,814 12 1769 3%
ダート 1勝クラス 13,362 13 9137 16%
ダート 新馬 12,975 13 1427 2%
オープン 12,962 13 3153 5%
1勝クラス 12,897 13 7356 13%
障害 オープン 11,108 11 657 1%
2勝クラス 11,039 12 4068 7%
ダート 未勝利 9,965 14 10080 17%
未勝利 9,889 14 7685 13%
新馬 8,976 12 3069 5%
障害 未勝利 8,918 12 1337 2%

まず、ダートが上位を占めており、特にオープンでは平均払戻金が18,042円と最も高くなっています。これに次ぐのはダートの2勝クラスで17,578円、3勝クラスで16,920円となっています。ダートは、競走条件に応じて払戻金が高い傾向があることがわかります。

一方、芝に目を向けると、3勝クラスが15,814円で最も高く、オープンや1勝クラスも約13,000円台の高額な払戻金が見られます。

競走条件のデータを分析すると、芝よりもダートが高額な払戻金を生み出す傾向が強いことが明らかになりました。また、オープンや特定のクラスにおいても払戻金が高くなる傾向が見られます。

出走頭数の偏りは、ほとんど見られません。

波乱に満ちた特定のレース一覧

ここまでのデータ分析結果をもとに、波乱レースの条件と、波乱に満ちた特定のレース一覧を作ってみました。

波乱レースの条件

  • 競馬場:福島、新潟、中京、小倉
  • トラック:芝、ダート
  • 距離:1400m以下
  • 競走種別:サラ系3歳以上、サラ系4歳以上
  • 重量種別:ハンデ
  • 競走条件:オープン、3勝クラス
  • 前回の開催日:2022年以降

波乱に満ちた特定のレース一覧

上記の条件を全て満たす「波乱に満ちた特定のレース一覧」が、こちらです。どのレースも見事な波乱っぷりですね(笑)

前回開催日 競馬場
xxxxxxxx
トラック
xxxxxxxxxx
距離 競走名
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
3連単 出走頭数
xxxxxxxxxx
件数
2023/01/28 中京 ダート 1200 伊賀ステークス 75,009 16 1
2023/01/29 中京 1200 シルクロードステークス 36,095 16 3
2023/01/29 小倉 1200 巌流島ステークス 233,411 17 2
2023/02/05 中京 ダート 1200 令月ステークス 96,460 11 1
2023/05/21 新潟 1000 韋駄天ステークス 22,915 15 10
2023/07/02 中京 1200 CBC賞 32,693 15 12
2023/07/16 福島 ダート 1150 会津ステークス 12,610 16 1
2023/08/05 新潟 1400 新潟日報賞 104,066 17 11
2023/08/12 新潟 1000 稲妻ステークス 15,044 16 3
2023/08/20 新潟 ダート 1200 NST賞 25,826 13 14
2023/08/20 小倉 1200 テレビ西日本賞北九州記念 61,396 16 17
2023/09/02 小倉 1200 テレQ杯 226,379 14 4
2023/10/15 新潟 1400 信越ステークス 34,461 16 12
2023/10/29 新潟 1000 ルミエールオータムダッシュ 81,116 17 4
2023/11/18 福島 1200 キビタキステークス 524,469 16 1
※ヘッダの’x’はレイアウト調整が目的の文字です

※前回開催日は2023年以前

出走頭数は出馬表が確定するまで分かりませんが、データによると例年ほぼ多頭数なのでOK。

集計期間は2007年から2023年までの17年間です。3連単の平均払戻金は調和平均を用いて集計しています。

この記事のデータ作成に使用したSQLを有料会員に公開しています。ユーザーがカスタマイズして利用することも可能ですし、SQLを学習したい方の参考にもなります。

SQLファイルのダウンロードと使い方

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について