【序章】競馬予想プログラミング

プログラミング

競馬予想プログラミングに関する記事を「投稿まとめ」で一覧にしてます。この記事は「自動投票」の一覧に含まれてます。一覧の順に読むとステップごとで分かりやすいです。

はじめに

この競馬予想プログラミングの記事は「PC-KEIBA Database」を使ってオリジナルの自動投票を作ることを目的とし、プログラミングを学習することを目的としたカテゴリです。

この記事ではプログラミングの世界の専門用語をなるべく使わないようにしてます。しかし、全てについて冗長的な言い回しをすると逆に分かりづらい場合もあるので、あえて専門用語を使うこともあります。知らないことを避けてばかりでは他の技術書から得ることも出来ないので。なので、コレってどういう意味かな?と思ったらググってください。

プログラミングの技術に関係ない話も書いてます。例えば、開発作業がはかどるパソコン操作のワザやツールの設定方法などについてです。なのでプログラマーを目指したい方や競馬ソフトを自作したい方にも役立つ内容となってると思います。

プログラミングの可能性は無限

想像してみてください。お金よりも大事な時間を費して覚えるなら「競馬ソフトの使い方」と「プログラミング」、どちらのほうが大きな喜びになりますか?機能に限りがある、他と同じ競馬ソフトの使い方を覚えて馬券の回収率が期待通りに上がると思いますか?しかし、プログラミングの可能性には限界がありません。

私は独学で「PC-KEIBA Database」を作って、その趣味が高じて料理人からプログラマーに転職した人間です。なので、プログラミング経験の無い状態から効率よく学習するために、時間をかけるべきモノ、力を注いでも無駄なモノ、を自分の経験で知ってます。

「PC-KEIBA Database」のマニュアルを読んで「自分もSQLやPythonでデータ分析してみたい」けど難しそう、とか勉強が面倒くさい、と思っている。このカテゴリでは、そんな人のために覚えるべき最小限のモノだけを分かりやすく説明します。この内容をマスター出来たあなたには「PC-KEIBA Database」が最強の競馬ソフトになるかもしれません。

プログラミング以外にも言えることですが、初めの一歩が無いかぎり進めません。一緒に始めてみませんか。

初心者がプログラミングに挫折する4つの理由

①教材を間違えている

自分に必要じゃない情報だらけの技術書を読んでいる。さらにその中で、何が自分に本当に必要な知識なのか分からない。だから挫折する。

②暗記しようとしている

暗記する必要がないことを試験勉強のように詰め込み、全部覚えようとして覚えれないから嫌になって挫折する。

③アウトプットしてない

技術書を読んでプログラミングを何となく部分的に覚えたまではいいけど、実際にプログラムを作って動かしたことがない。おまけに何を作りたいという目的が無いので、さらに作らない。というか、ほとんどの技術書は部分的な点の知識ばかりで、その点を繋いで何らかの完成品を作る方法が初心者には分からない。

④モチベーションが維持できない

上達に時間がかかりすぎたら、これは当たり前ですね。①〜③が上手く出来れば維持できます。

プログラミングは簡単

とにかくプログラミングが難しいとか、そんな考えは一切捨ててください。学校の勉強で必要だった記憶力なんかプログラミングには必要ありません。私を含めた競馬ソフト作者は、競馬のためにプログラミングを独学した人ばかりです。私はソフト作者デビュー時はホテルの料理人でしたが、肉屋さんを家業としながらソフト公開した作者さんもいました。プログラミングに特別な能力は必要ありません。

ここでは「PC-KEIBA Database」の実戦的な使い方について、何を用意すれば良いのか、といったレベルから具体的に説明し、プログラミングが初めての方でも分かりやすく書きます。なので経験者にとって簡単すぎる内容はテキトーに読み飛ばしてください。

「投稿まとめ」にもどる

タイトルとURLをコピーしました