【コーナーロス】レース詳細のコーナー通過順位を馬番単位に展開するプロシージャ

プログラミング

2023年2月に発売された「コーナーロス激走!馬券術」という本を知ってますか?この本を要約すると、前走で外を回って負けた馬は過小評価されている、という話です。このプロシージャを使えば、その回収率の集計やシミュレーションが簡単にできます。レース詳細のコーナー通過順位1、コーナー通過順位2…の横並びを、次のような馬番単位のテーブルに展開します。

レース詳細のコーナー通過順位1、コーナー通過順位2…

レース詳細のコーナー通過順位を馬番単位に展開

テーブルの項目「集団、順位、差、先頭」の意味は「JV-Data 仕様書」に従い、以下のように設定しています。文字では伝えにくいですが、上記の実際のデータと比較すれば分かりやすいと思います。

<テーブル項目><JV-Data 仕様書><補足>
集団(shudan)():集団先頭からn番目の集団
順位(juni),:馬番の区切集団で内からn頭目
差(sa)=:大差 -:小差集団または馬番に対して設定
先頭(sento)*:先頭集団のうちで先頭の馬番

JRA-VANと地方競馬DATAの両方に対応しています。SQLファイルはテーブル作成とプロシージャ作成のセットです。PostgreSQLでプロシージャを自作する場合の参考にもなります。

このプロシージャの具体的な使い方については「【コーナーロス】前走で外を回って負けた馬は過小評価されている」の記事で解説しているので参考にして下さい。

SQLファイルのダウンロードと使い方

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について