JV-Linkエラー(-301)について

フォーラム

管理人@PC-KEIBAです。先日、「PC-KEIBA Database」と「TARGET」でデータ登録を実行したらJV-Linkエラー(-301)が発生しました。

JV-Linkエラー(-301)
JV-Link利用キー(サービスキー)が正しくありません。

利用キーは自動継続で変更してないのに何でかな?利用キーの状態を確認するため「JV-Link設定」画面を表示すると、

設定情報の取得に失敗しました。Windowsを再起動後、もう一度お試しください。

のエラーが出て、利用キーの状態すら確認できません。メッセージの通りにWindowsを再起動しても状況は変わらず。

この問題の解決方法をWindows10の場合について紹介します。Windows 7、 8、 8.1 の場合でも、たぶん同じです。

ローカルグループポリシーエディター画面を表示する

  1. キーボード左下の「田」キー(Windowsキー)を押しながら「R」キーを押します。
  2. 画面左下に出てきた「ファイル名を指定して実行」の「名前」のとこに「gpedit.msc」と入力し「OK」をクリックします。

Administratorユーザーを有効にする

出てきた「ローカルグループポリシーエディター」画面の左側にあるツリーを上から、

  1. ローカルセキュリティポリシー
  2. コンピューターの構成
  3. Windowsの設定
  4. セキュリティの設定
  5. ローカルポリシー
  6. セキュリティオプション

の順に展開(>をクリック)します。

展開した「セキュリティオプション」画面の右側、「ポリシー」の一覧にある「アカウント:Administratorの状態」を右クリックして、出てきた画面で「有効」を選択します。

有効にしたら、そのまま画面右上の閉じるボタン(✕)で画面を閉じます。

AdministratorでJV-Link設定画面を起動する

次の手順でWindowsのユーザーをAdministratorに切り替えて、Windowsにサインインしなおします。

  1. キーボードの「Ctrl」キーと「Alt」キーを押しながら、「Del」キーを押します。
  2. 「ユーザーの切り替え」をクリックします。
  3. 画面左下の「Administrator」をクリックしてサインインします。

サインインしたらPCモニターの左下にある「ここに入力して検索」の検索ボックスに「JV-Link設定」と入力します。※無い場合は虫眼鏡のアイコンをクリック。

「最も一致する検索結果」に出てきた「JV-Link設定」をクリックします。「JV-Link設定」画面が正常に表示されたらOKです。そのまま画面右上の閉じるボタン(✕)で画面を閉じます。

標準ユーザーで競馬ソフトを操作する

先ほどの「Administrator」と同じ、1~3の手順でWindowsのユーザーを標準ユーザー(今まで使ってたユーザー)に切り替えてWindowsにサインインしなおします。以上で作業は完了です。

今までどおり競馬ソフトを操作してください。JV-Linkエラー(-301)の原因は不明ですが、おそらくWindowsアップデートの影響と思います。

これでも解決しない場合はコントロールパネルからJV-Linkをアンインストールして、もう一度インストールしてください。利用キーの再設定が面倒ですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました