Windows10の動作を軽快にする方法

職業柄いろんなパソコンに触りますがWindows10って、そこそこのスペックのパソコンでも動作がやたら重いです。CPUとメモリをやたら独占する「Antimalware Service Executable」が原因の1つですが、そのプロセスを停止してWindows10の動作を軽快にする方法を紹介します。ただし、この記事で紹介する設定を行う場合は、必ずセキュリティソフトをインストールしてください。オススメのセキュリティソフトは「ESET」です。動作が非常に軽快で、長年の実績があります。

セキュリティ設定やレジストリの編集を誤るとパソコンが正常に動作しなくなる場合があります。自己責任で行ってください。

改ざん防止の設定をオフにする

まず、次のマイクロソフトのサイトを参考に「改ざん防止」の設定を「オフ」に変更して下さい。
改ざん防止機能によってセキュリティ設定の変更を防止する

Windows Defenderを無効化する

次の手順でレジストリエディターを表示します。

  1. 画面左下の「Windows」マークを右クリックします。
  2. 「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。

Windows Defender を開く

レジストリエディターの画面左側にあるツリーを、次の順に展開して「Windows Defender」を開きます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE
  • SOFTWARE
  • Policies
  • Microsoft
  • Windows Defender

「DWORD値」の新規作成

そのままの状態から、次の手順で「DWORD値」の新規作成します。

  1. ツールバーの「編集」をクリックします。
  2. メニューの「新規」をクリックします。
  3. メニューの「DWORD(32ビット)値」をクリックします。

新規作成した「DWORD値」の名前を「DisableAntiSpyware」に変更します。名前の変更は、対象を右クリックして「名前の変更」からも実行できます。

「DWORD値」の編集

作成した「DisableAntiSpyware」を右クリックして「修正」をクリックします。

値のデータを「1」に修正して「OK」ボタンをクリックします。

パソコンを再起動します。以上で完了です。

タイトルとURLをコピーしました