PC-KEIBA Database for JRA-VAN Data Lab. オンラインマニュアル

圧縮ファイルの作成と登録

圧縮ファイル作成機能は、提供期間に限定があるデータ または データベースへの登録が現時点では必要のない大量のデータを、ZIP または LZH 形式の圧縮ファイルで保存・管理できます。

圧縮ファイル作成」で取得する、圧縮ファイルの格納ディレクトリは、上段の「参照」ボタンをクリックして指定します。ここで指定したディレクトリに「CompressedFiles」というフォルダが作成され、さらに 4文字の「データ種別ID」、2文字の「レコード種別ID」のフォルダに分類され、圧縮ファイルが格納されます。

「データ種別ID」と「レコード種別ID」の内容については、サービス提供者 (JRA システムサービス株式会社) が発行する「JV-Data 仕様書」をご覧ください。

次に、圧縮ファイルをデータベースに登録する手順について解説します。

手順1

データファイル登録」タブを選択します。


手順2

圧縮ファイルをデータベースに登録する場合は、下段の「参照」ボタンをクリックして、データファイルの格納ディレクトリを指定します。


手順3

リストの一覧から、登録するデータファイルを選択します。
選択メニュー」ボタンから、全選択と全解除が可能です。


手順4

上記の設定が完了すれば「登録開始」ボタンをクリックします。

圧縮ファイルの作成と登録は 以上です。


PC-KEIBA Database for JRA-VAN Data Lab. オンラインマニュアル