PC-KEIBA Database for JRA-VAN Data Lab. オンラインマニュアル

蓄積系データの取得

「蓄積系データ」と「速報系データ」の違い、および データの提供タイミングについては、サービス提供者 (JRA システムサービス株式会社) が発行する「JV-Data 仕様書」をご覧ください。

デスクトップ または プログラムメニュー のショートカット PC-KEIBA Database for JRA-VAN Data Lab」を起動します。

メニューの「JRA-VAN DataLab. からのデータ取得」ボタンをクリックします。


ソフトウェアのインストール および アップグレードを実行した直後は、ここでデータベースの作成・更新チェックが行われます。


「JRA-VAN DataLab. からのデータ取得」フォームが表示されます。



手順1

蓄積系データ取得」タブを選択します。



手順2

データベース登録」と「圧縮ファイル作成」で取得を行いたいデータにチェックを入れます。


手順3

読み出し開始ポイント」を設定します。
ソフトウェアを初めて起動した場合の初期値は、1ヶ月前の日付が設定されています。ユーザーの利用目的に応じて必要であれば書き換えてください。

2回目以降に前回の続きからデータを取得する場合は、書き換える必要はありません。
また「取得データタイプ」で「今週データ」を選択する場合は「読み出し開始ポイント」を設定する必要はありません。


手順4

取得データタイプ」を選択します。

通常データ
レース開催の前後で更新が必要なデータ、出馬表や各種成績関連の、週単位で提供されるデータです。

今週データ
直近の未来のレースに関するデータ(出走予定馬の過去走情報を含む)と直前のレースの成績関連のデータに該当するデータです。

セットアップデータ
セットアップ専用のデータを CD-ROM あるいは JRA-VAN サーバーから取得します。

フルセットアップ
JRA-VAN から現在提供されている、すべてのデータを取得します。


手順5

上記の設定が完了すれば「適用」ボタン→「取得開始」ボタンの順にクリックします。



取得済データ

取得済データの一覧を表示するには「取得済データ」タブを選択し、「検索実行」ボタンをクリックします。
「セットアップデータ」または「通常データ」の検索条件を指定して表示することもできます。


通常は必要ありませんが、何らかの理由によって取得済データの再登録を行いたい場合は「取得済データ」タブページの一覧から、対象のファイルを選択→「削除」ボタンをクリックして、このリストから削除します。
※「ファイルの選択のみ」でも再登録の対象となります。

その後「蓄積系データ取得」の手順と同じ要領で、データの取得を行います。

蓄積系データの取得は 以上で完了です。


PC-KEIBA Database for JRA-VAN Data Lab. オンラインマニュアル