PC-KEIBA Database for JRA-VAN Data Lab. オンラインマニュアル

血統データの編集

Ver4.0.0 で、血統データの編集機能を実装しました。
系統別でのデータ集計を必要とするユーザーのための機能です。

デスクトップ または プログラムメニュー のショートカット PC-KEIBA Database for JRA-VAN Data Lab」を起動します。

メニューの「JRA-VAN 血統データ編集」ボタンをクリックします。


ソフトウェアのインストール および アップグレードを実行した直後は、ここでデータベースの作成・更新チェックが行われます。


「JRA-VAN 血統データ編集」フォームが表示されます。



手順1

系統情報」タブを選択します。


この画面では系統情報テーブル(JVD_KEITO_JOHO)のデータ編集を行います。
なお、系統情報テーブルのレコードは、基本的に書き換える必要はありません。
提供データの分類方法に納得できないユーザーが、独自に系統情報データを追加または削除したい場合などに使用します。

「系統情報」の内容については、サービス提供者 (JRA システムサービス株式会社) が発行する「JV-Data 仕様書」をご覧ください。


ここでは「系統情報」タブの各ボタンの機能について解説します。

検索開始
系統情報テーブルに登録されているデータの一覧を表示します。

編集
データの一覧で選択したデータを「データ編集」上で編集します。
※データの一覧をダブルクリックでも同じ機能。

選択
繁殖登録番号を選択する「JRA-VAN 繁殖登録番号の選択」フォームを表示します。
※追加モード時のみ使用可能。

追加
データ編集」上で新しい追加データを編集します。
※追加モード。

削除
データ編集」上に表示されているデータを削除します。

元に戻す
データ編集」上に表示されているデータを編集前の状態に戻します。

保存
データ編集」上に表示されているデータを系統情報テーブルに保存(登録)します。



手順2

上記の設定が完了すれば「繁殖馬マスタ」タブの「更新開始」ボタンをクリックします。

系統情報テーブルの内容で、繁殖馬マスタテーブルの系統ID(JVD_HANSHOKUBA_MASTER.KEITO_ID)が更新されます。

PC のスペックにもよりますが、更新処理を完了するには30分以上かかります。
なお、この手順は「PC-KEIBA Database」を利用する上で、必ずしも必要な作業ではありません。
系統別でのデータ集計を必要とするユーザーのための機能です。
また、JRA-VAN Data Lab. サービスより新しい繁殖馬マスタデータが提供された場合は再度、同じ手順で更新処理を行う必要があります。

血統データの編集は 以上で完了です。


PC-KEIBA Database for JRA-VAN Data Lab. オンラインマニュアル