PC-KEIBA Framework テスト プロジェクト

Step3:PC-KEIBA Framework.Test セットアップの手順

このサイト内の ダウンロード ページから「PC-KEIBA Framework テスト プロジェクト」のダウンロードを行います。



PC-KEIBA Framework.Test のインストール

※画面は「PC-KEIBA Framework クラスライブラリ Ver1.3.0」時点のものです。
ダウンロードした .msi インストーラを実行します。

「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


インストールが始まります。


「閉じる」ボタンをクリックします。


.msi インストーラの「インストール フォルダ」で指定した場所に移動して
Com.Pckeiba.Test.csproj」を開きます。


「.NET Framework 2.0」で作成された .csproj ファイルを「Visual C# 2008」で初めて開く場合は「Visual Studio 変換ウィザード」が起動します。
「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「完了」ボタンをクリックします。


「閉じる」ボタンをクリックします。


「Visual Studio」が表示されます。
ここから先の画面は、インストールを行った初期状態のままで説明を進めます。


画面右、ソリューション エクスプローラ上の「すべてのファイルを表示」アイコンをクリックします。


プロジェクトの直下にある、すべてのフォルダ・ファイルが表示されましたね。


次に、折りたたみ状態になっている「CodeTables」を開き、その中にある「Jravan」「Keibado」フォルダをまとめて選択します。
※「Shift」キーを押しながらマウスをクリックすると複数選択できます。
この状態でマウスを右クリックして、メニューの「プロジェクトに含める」を選択します。


次に「Configs」フォルダを選択し、マウスを右クリックして、メニューの「プロジェクトに含める」を選択します。


Configs」フォルダに含まれている「.xml ファイル」をすべて選択します。
※「Shift」キーを押しながら、最上と最下のファイルをマウスでクリックすると 1度にまとめて選択できます。


上記の状態でマウスを右クリックして、メニューの「プロパティ」を選択します。


プロパティウィンドウにある「出力ディレクトリにコピー」の項目で「常にコピーする」を選択します。


最初に設定を行った「Jravan」「Keibado」フォルダ内にある「.xml ファイル」に対しても、上記と同じ設定を行います。


ここまでの作業が終了したら、もう 1度「すべてのファイルを表示」アイコンをクリックして、プロジェクトと無関係のファイルを非表示にします。


折りたたみ状態になっている「参照設定」を開きます。
その中にある「Com.Pckeiba」が黄色いアイコンで「警告状態」になっていますね。


この「警告状態」の「Com.Pckeiba」を選択し、マウスを右クリックして、メニューの「削除」を選択します。


次に「参照設定」をマウスで右クリックして「参照の追加」を行います。
この節章はちょっと長いですが、もう少しで終わりなのでがんばってください。


「参照の追加」画面で「参照」タブを選択し、この中にある「Com.Pckeiba.dll」を選択して「OK」ボタンをクリックします。


画面上部にあるツールバーメニューから [ ビルド ] → [ ソリューションのリビルド ] を実行します。


「.slh ファイル」の作成場所を聞いてくるので、パス・ファイル名はすべてデフォルトのまま「保存」ボタンをクリックします。


画面左下に「リビルドがすべて正常に終了しました。」が表示されていることを確認します。


初期設定の状態であると、コンパイルされた .dll は「Release」モードで出力されるようです。
ここまでの作業(プロジェクトのリビルド)によって作成された「Com.Pckeiba.Test.dll」は「/bin/Release」にあります。


PC-KEIBA Framework.Test セットアップの作業は 以上で完了です。


PC-KEIBA Framework テスト プロジェクト