Oracle

データベース セットアップガイド
ODBC ドライバ セットアップガイド

※ODBC ドライバのセットアップは「PC-KEIBA Database」を利用する上で、必ずしも必要な作業ではありません。



関連リンク

本家サイト(Oracle JAPAN)
http://www.oracle.com/lang/jp/index.html
ウィキペディア(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Oracle_Database


関連ツール および ユーティリティ

Oracle SQL Developer (無償のSQLエディタ)
http://www.oracle.com/technology/global/jp/software/products/sql/index.html



セットアップの手順

Oracle(Express Edition)のダウンロード

※画面は 2009年11月 時点のものです。
以下のサイトからダウンロードを行います。
http://www.oracle.com/technology/products/database/xe/index.html

画面右上の「FREE DOWNLOAD」をクリックします。
※ダウンロードを行うには事前にアカウント登録(無料)が必要です。


「Oracle Database 10g Express Edition for Microsoft Windows」を選択します。


「Accept License Agreement」のラジオボタンを選択して
「Oracle Database 10g Express Edition (Universal)」をクリックします。
【重要】必ず「Universal」版を選択してください。
PC-KEIBA Database では「Western European」版のキャラクタセットに対応していません。


「OracleXEUniv.exe」を選択します。


「Username」と「Password」を入力します。
「Continue」をクリックするとファイルのダウンロードが始まります。



PC-KEIBA Database で活用するためのインストール手順

※画面は 2008年5月 時点のものです。
ダウンロードした .exe ファイルを実行します。

「次へ」ボタンをクリックします。


「使用許諾条項に同意する」のラジオボタンを選択して
「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。
今回の例ではインストール先のドライブを"D:\"ドライブに変更しています。


SYS ユーザ(管理者)のパスワードを設定します。
今回の例では「admin」にしました。
「次へ」ボタンをクリックします。


「インストール」ボタンをクリックします。


インストールが始まります。


「終了」ボタンをクリックします。


セットアップの作業は 以上で完了です。



PC-KEIBA Database で利用する場合の設定方法

Oracle データベースのキャラクタセットについて

JRA-VAN データ と 競馬道 OnLine データ にはウェーブ・ダッシュ(~)や機種依存文字が含まれます。Express Edition(無償版)以外の 製品版 を利用して「PC-KEIBA Database」用の Oracle データベースを作成する場合のキャラクタセットは「AL32UTF8」を指定してください。

※Express Edition(無償版)の場合、キャラクタセットの指定はできませんので、ダウンロードするとき「Universal」版を選択してください。



PC-KEIBA Database で利用する場合の設定方法

このページの「セットアップガイド」の手順にしたがって、データベースのインストールを完了します。
アプリケーション メニューの「データベースの設定」ボタンをクリックします。

「データベース設定」フォームが表示されます。


このページの「セットアップガイド」と同じ手順でデータベースのインストールを行った場合は、各項目の値を以下のように設定します。
データソースlocalhost/XE
ユーザ名PCKEIBA
パスワードadmin

「接続テスト」ボタンをクリックして、設定が正しく行われていることを確認します。


「データベース設定」フォームの「適用」ボタンをクリックして設定内容を保存します。

アプリケーションの設定は 以上で完了です。