Oracle ODBC Driver

Oracle ODBC ドライバ のセットアップ手順

当コーナーでは「Oracle ODBC ドライバ」のセットアップ手順について説明します。
※「Oracle ODBC ドライバ」は Oracle(Express Edition)のセットアップを済ませた時点でインストールされています。

※Windows XP の場合の設定例です。
1.[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
2.カテゴリの表示 の場合は、[コントロール パネル] ウィンドウの [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、[管理ツール] をクリックします。クラシック表示 の場合は、[コントロール パネル] ウィンドウの [管理ツール] をダブルクリックします。
3.[管理ツール] ウィンドウの [データ ソース (ODBC)] をダブルクリックします。

「システム DSN」タブを選択して、「追加」ボタンをクリックします。


リストにある「Oracle in XE」を選択して
「完了」ボタンをクリックします。


データベース接続に必要な情報を設定します。


当サイトの「セットアップガイド」と同じ手順でデータベースのインストールを行った場合の各項目の設定値は、以下のようになります。下記以外の項目はデフォルトのままでよいでしょう。
データソース名 は自分にわかりやすい任意の名前を設定します。
今回の例では「PC-KEIBA Oracle」にしました。
データソース名PC-KEIBA Oracle
TNS サービス名XE
ユーザーIDPCKEIBA

上記の設定を終えたら「接続テスト」ボタンをクリックします。
この画面の パスワード に「admin」を入力して「OK」ボタンをクリックします。


設定が正しく行われていることを確認します。


ここまでの設定を終えたら「OK」ボタンをクリックして保存します。


データソース「PC-KEIBA Oracle」が追加されました。


ODBC ドライバ のセットアップ作業は 以上で完了です。